南海トラフ地震地域「防災・減災」
シンポジウム2019

 

「情報」と「行動」が命を救う

 

in わかやま 3月10日(日)

 

開催日時・場所

3月10日(日) 13時30分~16時

和歌山県民文化会館小ホール

 

 

事 前 申 込

参加無料(定員300名)

 

プログラム
「南海トラフ地震」について、最新の治験や追う祭に関する取り組みを紹介すると共に、
「南海トラフ地震」や「長周期地震動」についての情報、「緊急地震速報」「津波警戒」などを
活用した地域防災をテーマに議論します。

 

 

第1部
基調講演「南海トラフ地震から命を守る」
青木 元 気象庁地震予知情報課長

 

 

第2部
パネルディスカッション
パネリスト
鳥羽真司 和歌山県総務部危機管理局防災企画課長
宮脇寛和 田辺市総務部危機管理局長
仲山友章 NHK和歌山放送局長
城下英行 関西大学大学院社会安全研究科・社会安全学部准教授

コーディネーター
山田尚幸 和歌山地方気象台長

 

 

申込み方法
事前にメール又はFAXでお申し込みください

 

 

詳しくは、ホームページ、チラシをご覧ください

 

 

主催

気象庁 和歌山地方気象台
(一財)気象業務支援センター 緊急地震速報利用者協議会

 

後援
内閣府政策統括官(防災担当)「予定」 和歌山県 和歌山市 田辺市
NHK和歌山放送局 株式会社和歌山放送 株式会社テレビ和歌山 他